イマークSに副作用がある?気をつけるポイントは?

どんな副作用があるの?

イマークSに含まれているDHA・EPAは魚の脂に含まれる成分で、それぞれ血液をサラサラにする効果があります。
しかし、この2つの成分がセットになっていると以下のような症状が起こる可能性があります。
・鼻血や出血の止まりが悪くなる
 血液サラサラ効果で血小板の作用が弱まり、血液が固まりづらくなる。
・下痢
 脂ののったお刺身を食べるとお腹を壊してしまうのと同じこと。

 

女性の方は生理の時の経血がいつもより増えるということもあるそうです。

 

ただし、この副作用の発現頻度はかなり稀なので、過剰摂取(飲み過ぎ)しなければほぼ副作用が起こることはありません。

 

いくら良いものだとしても飲みすぎは体に毒だということですね。

 

薬との併用は要注意!

これはどんな薬やサプリメントでもいえることですが、他の薬との併用には気をつけなければいけません!
DHA・EPAは医薬品としても使われる成分なので飲み合わせに注意しましょう。

 

以下の病気や薬を飲んでいる方は、イマークSを飲む前に医師に相談してください。
・抗凝血作用のあるものを飲んでいる方
 DHA・EPAは血液サラサラ効果があるため、凝血作用のある薬やサプリメント・ハーブといったものと併用しないようにしましょう。
・血圧を下げる薬を飲んでいる方
 DHA・EPAは血圧を下げる効果があり、血圧を下げる薬などと併用することによって血圧が下がりすぎてしまう恐れがあります。

 

血液に作用する薬やそれに関わる病気を持っている方は一度医師に相談しましょう。

 

また、血液検査などの各種検査を受ける場合にも医師や看護師に申告しておきましょう。
DHA・EPAはインスリン値・中性脂肪値・コレステロール値などに良い変化が現れるため、本来の検査結果とは異なる結果が出る場合もあります。

 

アレルギーの方も気を付けて!

また、大豆・乳製品・イワシのアレルギーを持っているの方も飲むのを控えましょう。
それぞれ成分に含まれていますので、アレルギーを持っている方で購入を検討している場合は成分表をしっかり確認しましょう。

 

体に合わない場合(かゆみや発疹など)もありますので、その場合には飲用を中止しましょう。

 

1日1本をしっかり守りましょう!

イマークSは特定保健用食品(トクホ)であり、国が認めた安全性のある健康食品です。
だからと言って1日に大量に飲んでは意味がありません。
薬を大量に飲むと副作用をおこしてしまったり、入院になるなんてケースもあるのと同じです。

 

イマークSは即効性のあるものではなく、日々の積み重ねで体の中から健康にしていく食品です。
1日1本をしっかり守る・薬の服用やアレルギーのある方は医師に相談する・体に合わない場合は無理に飲まない、などといった点を抑えれば副作用はほとんどありません。

 

焦らずコツコツ体を健康にしていきましょう!

 

 

ネットの情報は信じすぎない

食事するということは、栄養分を体内に取り入れてご自身の身体を築く糧にするということですから、栄養豊富なサプリメントで欠乏している栄養分を補給するのは大事なことではないでしょうか?
銘々が健康的な暮らしを実現する為に重要になるのが栄養バランスを一番に考えた食生活で、外食する回数が多かったりお総菜を利用するという食生活が定着している人は、用心しなければ大変な目に遭うかもしれません。
老化にともなうホルモンバランスの不調が理由で、中高年女性にいろいろな体の変調をもたらすことで知られる更年期障害は大変ですが、それを和らげるのににんにくサプリメントが有用です。
「スリムアップを短い時間で済ませたい」、「できるだけ能率的に適切な運動で脂肪を燃やしたい」、「筋力を鍛え上げたい」という場合に外すことができない成分が体を作る素材となるアミノ酸です。
独身の人など、いつもの食事を改善しようと決意したとしても、誰もフォローしてくれず困難であるという人は、サプリメントを取り入れてみましょう。
いつも野菜を避けたり、仕事に追われてインスタント食品ばかり食べていると、いつの間にか栄養の吸収バランスがぐらつき、挙げ句の果てに体調に悪影響を及ぼす要因になるのです。
ほおやあごなどにニキビができた場合、「普段のお手入れがきちっとできていなかったせいだ」と思うかもしれないですが、事実上の原因はストレスにあるケースが目立ちます。
しっかり眠っているのに疲労回復に繋がらない場合は、眠りの質自体が低下しているのが要因かもしれないですね。睡眠前に気分を落ち着かせるレモングラスなどのハーブティを楽しむことをおすすめしたいと思います。
連日栄養バランスを考慮した生活を意識しているでしょうか?気付けばレトルト一辺倒だったり、ジャンクフードばかり食べている人は、食生活を修正しなければならないでしょう。
昨今、炭水化物を制限するダイエットなどがシェア率を伸ばしていますが、食事内容の栄養バランスが崩れる場合があるので、リスキーなダイエット方法の一種だと思います。
サプリメントを取り入れれば、ブルーベリーに含有されているアントシアニンをしっかり取り入れることが可能なわけです。パソコン作業などで目を長時間使う人は、補給しておきたいサプリメントと言ってよいでしょう。
有名度やレビューだけで選択している人は、自分にとって摂取した方が良い栄養成分とは違うかもしれませんので、健康食品を買うのは前もって配合されている栄養成分をウォッチしてからにしましょう。
便秘を解消したいなら、適度な運動を開始して大腸のぜん動運動をバックアップするのと一緒に、食物繊維が多い食事を続けて、便通を促すようにしましょう。
元気な状態で暮らして行きたいと考えているなら、とりあえず食事の中身を点検し、栄養満点の食材をセレクトするように意識しなければなりません。
サプリメントを利用しただけで、あっと言う間に若返るわけではありません。しかし、常日頃から愛飲することで、日常生活で不足しがちな栄養の数々をばっちり補給することができます。

 

ベストな便通ペースは1日に1回とは限らない!

健康増進のために不可欠なのが、野菜メインのバランスの良い食事内容ですが、状況によりけりで健康食品を取り入れるのが有益だと考えます。
きっちり眠っているのに疲労回復しない場合は、重要な睡眠の質がよろしくないことが考えられます。眠る前にリラックス効果のあるパッションフラワーなどのハーブティを体に入れてみることをご提案します。
日々喫煙している人は、ノンスモーカーの人よりもこまめにビタミンCを補給しなければならないのをご存じでしょうか。大多数の喫煙者が、常習的にビタミンが少ない状態に陥っているようです。
ベストな便通ペースは1日に1回程度ですが、女性の中には慢性的に便秘である人が大変多く、10日前後便が出ていないと嘆いている人も少なからずいます。
サプリメントにすれば、ブルーベリーに内包されているアントシアニンを効果的に補うことが可能なのです。PCを使ったデスクワークなどで目を酷使することが多いと思っている方は、ぜひ摂取したいサプリメントではないでしょうか。
にんにくの中には活力が湧いてくる成分が多く含まれているので、「寝る時間の前ににんにくサプリを摂るのは自重した方がよい」と昔から伝えられています。にんにく成分を補う時間帯には注意が必要です。
健康な体づくりやダイエットのサポーターを担ってくれるのが健康食品なわけですので、配合成分を比較して真にハイクオリティと思えるものを買い求めることが要されます。
インスタント食品ばかり摂取していると、肥満リスクがアップするというだけにとどまらず、高カロリーの反面栄養価がほぼゼロのため、食べているのに栄養失調で健康に異常を来す可能性大です。
私達が健康に暮らすために肝要なのが栄養バランスを基本に据えた食生活で、飲食店で食事したりレトルト品を買い求めるといった食生活を続けている人は、行動を改めなくてはならないと思います。
健康でいる為に、各種ビタミンはなくてはならない成分だとされていますから、野菜をふんだんに盛り込んだ食生活になるよう、どんどん補うようにしましょう。
生活習慣病と言うと、中年以上の人たちが冒される疾患だと決めつけている人が多いようですが、若年世代でも生活習慣が崩れていると発病することがあるので油断大敵です。
眼精疲労と言いますのは、進行すると頭痛や食欲不振、めまいなどの症状につながるリスクもあるため、ブルーベリーを内包したサプリメントなどを利用するなどして、対応策を講じることが必要なのです。
肥満の解消やライフスタイルの改善にトライしつつも、食生活の是正に苦労しているのであれば、サプリメントを摂ると良いのではないでしょうか?
手軽な健康食品を飲むようにすれば、通常の食生活では不足しやすい栄養成分をきちんと体内に取り入れることができますので、健康増進に役立ちます。
「菜食メインの食事を意識し、脂肪過多なものやカロリーが高い食品は避ける」、これは頭ではきちんと認識できてはいるけど実行に移すのは厳しいので、サプリメントを活用する方が賢明だと言えます。